コミュニケーションを大事にできる家

Posted by 草野重美 | Posted in 住宅 | Posted on 31-01-2018-05-2008

0

家で過ごす時間は家族とのコミュニケーションを大事にしたいものです。そこで最近人気を高めているのがリビング階段です。リビング内に階段を設けることで、家族のコミュニケーションを高められるのです。今までは玄関近くに階段が設けられていました。

そのため子どもが帰宅すると直接二階の部屋へ行くことができ、いつ帰宅したのか気づかなかったり、気づけば外出していたという状況もあったのです。しかし、リビング内に階段を設けることでこのような状況を避けられます。家族が集まるこの場所を必ず通らなければ二階の部屋には行けないからです。リビングで家族が顔を合わせる機会が自然と作り出され、会話も生まれやすくなるのです。

特に思春期は、親と会話をするのも嫌がります。親は子どもの表情を伺うことができるだけでもちょっとした変化に気づいてあげやすくなるので、リビング階段を設けて、家族との繋がりやコミュニケーションを大事にしたいものです。

そして、階段を上がった先にはファミリースペースを設けました。一階だけでなく二階にも家族で集えるスペースを設けたのです。一階のリビングでは家族がそれぞれの時間を過ごすことも多いのですが、二階のファミリースペースでは、親子で絵本を読んだり、寝る前の時間家族みんなでトランプやゲームをしたりと家族みんなで過ごす時間を大切にできています。寝室からも近いため寝る前に過ごすスペースとして最適なのです。顔を合わせるスペースを増やし、コミュニケーションが生まれやすい家造りをするのもいいと思います。

業者の存在

Posted by 草野重美 | Posted in 住宅 | Posted on 20-12-2017-05-2008

0

家造りを成功させるかどうかのカギを握っているのは、依頼する業者の存在が非常に大きいのです。住宅は人生最大の買い物となるだけに後悔や失敗はできるだけ避けたいものです。住宅を購入した人の大半が「予算をオーバーしてしまった」という失敗談を口にします。

しかし、我が家は限られた予算内で、自分達が希望した無垢材や漆喰などの自然素材をふんだんに取り入れながらも、予算をオーバーすることなく期待以上の住まいを手に入れることができました。それは、業者の人の的確なアドバイスがあったからこそです。予算がかさむ提案をしてくる時には同時に節約できるポイントもアドバイスしてくれました。

建物への知識の豊富さはもちろんのことながら、土地について、住宅ローンの組み方についてなど様々な角度からサポートしてくれ、安心して家造りを進めることができました。中には自社の利益ばかりを追求する業者も多い中、我々の希望や要望に親身になって相談にのってくれ、幅広い選択肢をいつも我々に提示してくれたのです。多くの選択肢の中から最良の一つを選ぶことができ、これが家造りを成功させることができた秘訣だと思っています。大きな金額の買い物となるだけにまずは心底信頼できるパートナーを選ぶ必要があります。大手ハウスメーカーから地域に密着した工務店など数多くの業者が存在するため、自分達に合った一社を選び出すというのは容易なことではありません。

しかし、家造りの大きな第一歩となるだけに、ここに時間をかけ最高の一社を選ぶことこそが家造りの成功だと思います。まずは信頼できるパートナー選びから始めてみましょう。

子供部屋の年齢別収納アイディア

Posted by 草野重美 | Posted in 住宅 | Posted on 11-10-2017-05-2008

0

★小学校まで
子供部屋の収納は、あまり細かく作らない方がいいかもしれません。大きくなって何に興味を示し、どんな物を持つかは、想像できませんから。
家の間取りを考えるとき、ほとんどの家庭では子供の人数分部屋を設けます。小学校入学と同時に子ども部屋を与える家庭もあれば、小学校の間はリビングで勉強させ、子ども部屋は子どもの物の一時置き場か、家族の物の仮置き場所となっている家庭もあり、使い方は様々です。荷物の仮置き場所として使用していると、子ども部屋として使用する時に、置いてある物の行き場所がなくなるので注意が必要です。

★中学校以降
一人に一部屋の子ども部屋を与えるようになります。学校で使用する物以外に、本、雑誌、漫画、習い事の物、趣味の物、クラブ活動の物などの他、服にも興味を示す年齢なので、洋服やバッグ、帽子なども増えてきます。

体型も大人並みになるので、洋服も大人と同じくらいのサイズになり、物もどんどん増えてきます。シーズンオフの掛布団や小さい頃からの作品などもあり、子ども部屋のクローゼットに収めることを考えると、あまり小さすぎると入りません。幅180cm、奥行き60cm、高さ240cmくらいの収納があるといいですね。

★家具のレイアウトも考える
子ども部屋に置く物は、勉強机、本棚、ベッド、タンスやハンガーラックなどです。限られた空間ですから、レイアウトの工夫が大切です。
子供が小さいうちは、大人になるまでに、どのくらい物が増えるか想像できませんが、こんなに物が増えると思わなかったと言う人がほとんどです。想像しているより増えると思って、はじめから計画しておくといいですね。

洗面室

Posted by 草野重美 | Posted in 住宅 | Posted on 22-06-2017-05-2008

0

住宅の中で重視される空間が、家族が長時間共に過ごすリビングです。リビングの快適性も大事なのですが、それと同じくらい重要なのが洗面室です。なぜなら家族が一日何度も様々な用途で使用される空間だからです。広さに限りのある空間に様々な目的を持って利用される空間は、どの空間よりも注目しなければならないと思います。

洗面室では、手洗いや歯磨き、お化粧やヘアセット、脱衣室としても利用されるため入浴の前後でも利用します。またここには洗濯機を設置する家庭も多く家事を行う空間でもあるのです。いろいろな用途で使用される洗面室には、収納しておきたいものも多く収納不足に陥りやすくもあるのです。

まず洗面室の収納を充実させましょう。シャンプーやソープなどのストック、整髪料、体重計やタオル、浴室掃除用の洗剤や洗濯用洗剤やネットなどの洗濯関連用品など収納しておきたいものが多いです。これらに加えて家族の下着やパジャマまでここに管理しておくと入浴の事前準備が楽になるでしょう。広さに限りのある洗面室の収納力をアップさせるにはデッドスペースを生まないようにすることです。

洗面化粧台と収納を造り付けるといいのです。洗面台と洗濯機などを設置すると隙間が生まれてデッドスペースが生まれ、収納力が落ちてしまいます。洗面台と収納スペースを空間のサイズに合わせて造り付けることで無駄なスペースを生まず、床から天井までを有効利用できます。収納力がアップするだけでなく、お掃除もしやすくなります。また、スペースに影響しない壁厚を利用したニッチ収納を取り入れるのもいいと思います。そして、家族が2、3人同時に並んで身支度が行えるようにダブルボウルの広々とした洗面台を設けておけば、身支度で追われる朝の時間帯のバタバタも解消されます。洗面室にも注目して家造りを行いましょう。

二階ホールにセカンドリビング

Posted by 草野重美 | Posted in 住宅 | Posted on 24-04-2017-05-2008

0

私の友人の中には旦那様のご両親と同居している人も多いです。3世代が快適に暮らせる住まいを造るのは意外と難しいのかもしれません。ポイントは、共有スペースと独立したスペースを上手に設けることだと思います。友人の一人は、一階にリビングやダイニング、浴室、洗面室と全て共有スペースです。

そしてご両親の寝室も一階に設けられています。一階のリビングでは3世代で過ごす憩いの場です。しかし、親子の時間、夫婦の時間というのも大事にしたいということで、階段を上がった先の二階のホールにセカンドリビングを設けています。ここはご両親と過ごす時間とは違った家族の時間が流れているのです。奥様がホッと一息つける安らぎの場でもあるのです。

我が家の二階のホールにも6帖のファミリースペースが設けられています。ここは昼間はキッズスペースとして子ども達が遊ぶスペースとして利用しています。カウンターを造り付けているためスタディーコーナーとしても利用できるのです。夜は寝室からより近いということもあり、家族みんなで過ごすことも多いです。親子で絵本を読んだり、家族でトランプやゲームをしたり一階で過ごす家族とは異なる時間の過ごし方ができています。

今までは二階のホールはただの通路としてしか利用されていませんでしたが、最近ではこのように二階ホールを有効活用させた家造りが多く取り入れられています。二階のホールを無駄にせず、憧れの書斎スペースや家族で過ごすスペースなどを設けてみるのもいいのではないでしょうか。

外構

Posted by 草野重美 | Posted in 住宅 | Posted on 22-03-2017-05-2008

0

家造りの一番最後に行われる外構工事。建物も重要ですが、外構にもしっかりと目を向けたいものです。まずはデザイン性です。建物とのバランスを大事に、色調や素材が建物の外装に合っているものを選びましょう。そうすることで住宅全体のまとまりが高まります。建物との調和を考えるのと同時に近隣住宅や街並みとの調和にも目を向けましょう。近所の雰囲気と馴染むか、目立ちすぎることはないか配慮しておきたいものです。

そして、毎日行き来を行うだけに安全面に配慮する必要もありますし、庭で安心して過ごせるように防犯面においても目を向ける必要があるのです。安全面においては、アプローチ部分には階段を設けずなだらかな傾斜にしたり、階段を設ける場合は、しっかりとした高さをつけるようにしましょう。中途半端な段差が一番つまづきやすく転倒の原因となってしまうのです。アプローチ部分の行き来のスムーズさを確保することで、自転車や車イスでの行き来のしやすさを高めることにも繋がります。

通路幅にも注意しておくとより一層いいでしょう。庭をプライベートな空間に保ちながらも侵入者を潜みにくくすることも大切です。通行人や近隣住民視線を緩やかにカットできる壁やフェンスを設けながらも。死角を作ってしまわないように飾り窓を設けたり、人の気配を感じられるフェンスを用いて見通しを確保しておくことも大事なのです。そして、夜に暗くなりがちな勝手口やカーポート部分にはセンサーライトを設けておくと安全性も増します。デザイン性のみならず、安全性や防犯性を高め安心して過ごせる外構を目指す必要があるのです。

バスルームの照明

Posted by 草野重美 | Posted in 住宅 | Posted on 02-12-2016-05-2008

0

日本人は、照明について、あまり深く考えることが少ないようです。伝統的に、住まいの中を煌々と明るく照らすという習慣もなく、また、複数の照明を組み合わすというのも、まだまだ一般的ではありません。バスルームの照明についても、安全性を考えて、明るさを確保するためにつけています。

もちろん、照明は、暗くなった場所を明るく照らすというのが一番の目的ですが、もう1つ、空間を演出して、雰囲気作りに一役買っています。入浴することで、凝り固まった筋肉をほぐし、血行を良くして、疲れを癒していきます。
リラックスできる雰囲気作りが大切です。

私の友人が住まいを新築した時、できるだけ、家族がゆったりとくつろぐことができるような雰囲気にしたいと思いました。そのため、LDKの照明について、全体照明と間接照明を組み合わせて、設置しました。生活シーンに合わせて、それぞれを使い分けることで、スペースの雰囲気がアップしていきます。

しかし、トイレ、洗面脱衣所やバスルームなどのように、狭い空間では、あまり照明のことを考えませんでした。特に、バスルームについては、オーソドックスですが、乳白色のポリカーボネイトのカバーがついている電球型の蛍光灯を採用しました。実際に生活をしていて、何の不自由もないのですが、先日、照明器具のショールームを訪れた時、バスルーム用の照明の中の1つに、注目しました。

その照明は、調光機能がついていて、照明の明るさを100%、40%、15%、1%に調節することができます。入浴するのは、夕方の時もあれば、深夜の時もあります。その時々において、照明の明るさを調節することで、とても過ごしやすい空間になっていきます。この照明を採用すれば、深夜に入浴する時も、明るさを絞って、ゆったりと湯船につかることができたと思いました。

我が家のカップボード

Posted by 草野重美 | Posted in 住宅 | Posted on 05-10-2016-05-2008

0

我が家のカップボードはキッチンの空間に合わせてピッタリとなるように造りつけてもらいました。造りつけることで、空間にピッタリと収まることでよりスッキリと統一感のある空間が広がります。また自分好みに仕上げられるため、収納量を増やしたり、使用する素材や色味も自由に選択できるのです。

我が家のカップボードは、天井近くにまで広がり、横は扉3枚分にも広がるので、キッチンに必要な物がしっかりと収められる収納力があります。このカップボードの扉一枚分は、キッチンパントリーとして利用しています。レトルト食品や乾物、お菓子やジュースなどの食品をストックしたり、キッチン雑貨の在庫を収納しています。下部には30㌔のお米の袋をスッポリと収められるので、キッチンの床に物が散らかることもなくスッキリと片付けることができるのです。

この隣の扉一枚分は、食器を収納しています。普段使いするものからお客様のものまでこの一面に収納しているのでお皿選びやしやすいのです。そして隣の一面には、キッチン家電を収納しています。日々使用する炊飯器や電子レンジは手の届きやすい中段部分に、ホットプレートやたこ焼き器、フードプロセッサーにジューサーなど大きさや使用頻度に合わせて上段と下段を上手に利用しています。

キッチンを振り返ると一面に必要な物が管理されているので、物の出し入れもしやすいですし、スッキリとしたキッチンが広がっているのです。これらの前には磨りガラスの扉が設けられているので、キッチンを使用しない時や来客時には扉を閉めて収納しているものを全て隠すことができるのです。シーンに合わせてキッチンの印象を変えられるのも魅力的です。

玄関収納

Posted by 草野重美 | Posted in 住宅 | Posted on 13-08-2016-05-2008

0

玄関は住宅の顔とも言われます。住宅の第一印象を決める重要な空間でもあるだけに、玄関は常にきれいで清潔感のある空間を保ちたいものです。それを実現させるためには玄関収納が大きな鍵を握ります。

最近では玄関の横にシューズクロークが設けられることが当たり前のようになっています。このシューズクロークは家族の靴や傘をしまうだけのスペースとして考えるのではなく、土間収納スペースを確保して、外で使用したものをそのままスッポリと収納できるようにしておくのです。大型の玄関収納があることで、今まで玄関やポーチ部分に散らかっていた靴や物をきちんと整理することができるのです。

まず家族の靴を可動オープン棚に収納します。オープン棚にきれいに整頓された靴は、どこにどの靴があるかが一目で分かり、出し入れもしやすさから小さな子どもでも自分の靴は自分で管理する習慣が身に付きやすくなるのです。外で使用した子どものおもちゃや三輪車、スポーツ用品にベビーカーなどつい玄関脇やポーチ部分に置きっぱなしになってしまいがちです。これらが玄関やポーチ部分にあることで、行き来がしにくくなったり、玄関の印象がごちゃごちゃして美しさを損なわせてしまうのです。外で使用して汚れている状態でもそのまま片づけられる土間収納スペースがあると玄関はきれいに片付きやすくなります。

また、急な来客時でも玄関収納が充実していることで、散らかっているものをサッと整理でき重宝します。シューズクロークを設ける際は、明るさを確保したり、湿気やニオイ対策もしっかり行うことを忘れてはいけません。

ウォークスルー洗面クローゼット

Posted by 草野重美 | Posted in 住宅 | Posted on 10-07-2016-05-2008

0

先日訪れた友人宅には、ウォークスルー洗面クローゼットが設けられていました。ここでは、洗う、干す、たたむ、片付けるが一度にできるのです。家事の中心であるキッチン横に配置したこの洗面クローゼットでは、洗う・干す・たたむ・片付けるそして着るということを同じ場所でできる便利な空間なのです。手間だった家事の負担を大幅に軽減し、家事の時短を実現できることで、時間的なゆとりを得ることができるのです。

家事や育児、それに加えて外で仕事を抱えている女性も多い中、家事を効率良く行え、少しでも自分に充てる時間を大事にできることで生活が豊かになるのです。私が注目したのが、ここに家族の衣類を一か所で管理できるファミリークローゼットが設けられていたことです。洗濯物をここに片づけられることで、家事も効率は大きく変わってきます。たたんだ洗濯物をしまうという作業を面倒と感じる主婦は多いです。夫婦の服や子ども達の服、そしてタオルや下着など収納するクローゼットが別々であることが多く、洗濯物をしまうという作業を行うだけで住宅内を行ったり、来たりしなければなりません。

洗面クローゼットでたたんだ洗濯物を移動することなくその場で片付けられれば家事の不満も解消できます。また洗面室で身支度をすることも多く、ここで着替えができればトータルコーディネートできるので身支度のしやすさも高まります。ウォークスルーにすることで移動のしやすさが高まりますし、家事をする主婦だけでなく、他の家族にとっても衣類の管理がしやすくなるのではないでしょうか。我が家にもウォークスルー洗面クローゼットが欲しいです。