バスルームの照明

Posted by 草野重美 | Posted in 住宅 | Posted on 02-12-2016-05-2008

0

日本人は、照明について、あまり深く考えることが少ないようです。伝統的に、住まいの中を煌々と明るく照らすという習慣もなく、また、複数の照明を組み合わすというのも、まだまだ一般的ではありません。バスルームの照明についても、安全性を考えて、明るさを確保するためにつけています。

もちろん、照明は、暗くなった場所を明るく照らすというのが一番の目的ですが、もう1つ、空間を演出して、雰囲気作りに一役買っています。入浴することで、凝り固まった筋肉をほぐし、血行を良くして、疲れを癒していきます。
リラックスできる雰囲気作りが大切です。

私の友人が住まいを新築した時、できるだけ、家族がゆったりとくつろぐことができるような雰囲気にしたいと思いました。そのため、LDKの照明について、全体照明と間接照明を組み合わせて、設置しました。生活シーンに合わせて、それぞれを使い分けることで、スペースの雰囲気がアップしていきます。

しかし、トイレ、洗面脱衣所やバスルームなどのように、狭い空間では、あまり照明のことを考えませんでした。特に、バスルームについては、オーソドックスですが、乳白色のポリカーボネイトのカバーがついている電球型の蛍光灯を採用しました。実際に生活をしていて、何の不自由もないのですが、先日、照明器具のショールームを訪れた時、バスルーム用の照明の中の1つに、注目しました。

その照明は、調光機能がついていて、照明の明るさを100%、40%、15%、1%に調節することができます。入浴するのは、夕方の時もあれば、深夜の時もあります。その時々において、照明の明るさを調節することで、とても過ごしやすい空間になっていきます。この照明を採用すれば、深夜に入浴する時も、明るさを絞って、ゆったりと湯船につかることができたと思いました。

我が家のカップボード

Posted by 草野重美 | Posted in 住宅 | Posted on 05-10-2016-05-2008

0

我が家のカップボードはキッチンの空間に合わせてピッタリとなるように造りつけてもらいました。造りつけることで、空間にピッタリと収まることでよりスッキリと統一感のある空間が広がります。また自分好みに仕上げられるため、収納量を増やしたり、使用する素材や色味も自由に選択できるのです。

我が家のカップボードは、天井近くにまで広がり、横は扉3枚分にも広がるので、キッチンに必要な物がしっかりと収められる収納力があります。このカップボードの扉一枚分は、キッチンパントリーとして利用しています。レトルト食品や乾物、お菓子やジュースなどの食品をストックしたり、キッチン雑貨の在庫を収納しています。下部には30㌔のお米の袋をスッポリと収められるので、キッチンの床に物が散らかることもなくスッキリと片付けることができるのです。

この隣の扉一枚分は、食器を収納しています。普段使いするものからお客様のものまでこの一面に収納しているのでお皿選びやしやすいのです。そして隣の一面には、キッチン家電を収納しています。日々使用する炊飯器や電子レンジは手の届きやすい中段部分に、ホットプレートやたこ焼き器、フードプロセッサーにジューサーなど大きさや使用頻度に合わせて上段と下段を上手に利用しています。

キッチンを振り返ると一面に必要な物が管理されているので、物の出し入れもしやすいですし、スッキリとしたキッチンが広がっているのです。これらの前には磨りガラスの扉が設けられているので、キッチンを使用しない時や来客時には扉を閉めて収納しているものを全て隠すことができるのです。シーンに合わせてキッチンの印象を変えられるのも魅力的です。

玄関収納

Posted by 草野重美 | Posted in 住宅 | Posted on 13-08-2016-05-2008

0

玄関は住宅の顔とも言われます。住宅の第一印象を決める重要な空間でもあるだけに、玄関は常にきれいで清潔感のある空間を保ちたいものです。それを実現させるためには玄関収納が大きな鍵を握ります。

最近では玄関の横にシューズクロークが設けられることが当たり前のようになっています。このシューズクロークは家族の靴や傘をしまうだけのスペースとして考えるのではなく、土間収納スペースを確保して、外で使用したものをそのままスッポリと収納できるようにしておくのです。大型の玄関収納があることで、今まで玄関やポーチ部分に散らかっていた靴や物をきちんと整理することができるのです。

まず家族の靴を可動オープン棚に収納します。オープン棚にきれいに整頓された靴は、どこにどの靴があるかが一目で分かり、出し入れもしやすさから小さな子どもでも自分の靴は自分で管理する習慣が身に付きやすくなるのです。外で使用した子どものおもちゃや三輪車、スポーツ用品にベビーカーなどつい玄関脇やポーチ部分に置きっぱなしになってしまいがちです。これらが玄関やポーチ部分にあることで、行き来がしにくくなったり、玄関の印象がごちゃごちゃして美しさを損なわせてしまうのです。外で使用して汚れている状態でもそのまま片づけられる土間収納スペースがあると玄関はきれいに片付きやすくなります。

また、急な来客時でも玄関収納が充実していることで、散らかっているものをサッと整理でき重宝します。シューズクロークを設ける際は、明るさを確保したり、湿気やニオイ対策もしっかり行うことを忘れてはいけません。

ウォークスルー洗面クローゼット

Posted by 草野重美 | Posted in 住宅 | Posted on 10-07-2016-05-2008

0

先日訪れた友人宅には、ウォークスルー洗面クローゼットが設けられていました。ここでは、洗う、干す、たたむ、片付けるが一度にできるのです。家事の中心であるキッチン横に配置したこの洗面クローゼットでは、洗う・干す・たたむ・片付けるそして着るということを同じ場所でできる便利な空間なのです。手間だった家事の負担を大幅に軽減し、家事の時短を実現できることで、時間的なゆとりを得ることができるのです。

家事や育児、それに加えて外で仕事を抱えている女性も多い中、家事を効率良く行え、少しでも自分に充てる時間を大事にできることで生活が豊かになるのです。私が注目したのが、ここに家族の衣類を一か所で管理できるファミリークローゼットが設けられていたことです。洗濯物をここに片づけられることで、家事も効率は大きく変わってきます。たたんだ洗濯物をしまうという作業を面倒と感じる主婦は多いです。夫婦の服や子ども達の服、そしてタオルや下着など収納するクローゼットが別々であることが多く、洗濯物をしまうという作業を行うだけで住宅内を行ったり、来たりしなければなりません。

洗面クローゼットでたたんだ洗濯物を移動することなくその場で片付けられれば家事の不満も解消できます。また洗面室で身支度をすることも多く、ここで着替えができればトータルコーディネートできるので身支度のしやすさも高まります。ウォークスルーにすることで移動のしやすさが高まりますし、家事をする主婦だけでなく、他の家族にとっても衣類の管理がしやすくなるのではないでしょうか。我が家にもウォークスルー洗面クローゼットが欲しいです。

多目的に使用できる二階のホール

Posted by 草野重美 | Posted in 住宅 | Posted on 09-06-2016-05-2008

0

家造りの傾向の一つとして、階段を上がった先のホールを有効利用することが挙げられます。今まではただの通路でしかなかったホール部分を有効利用させることで、二階の空間への愛着や二階で過ごす時間をより大切にしようと考えるようになるのです。
我が家は二階のホールを中心に寝室や子ども部屋、トイレへ行き来できるようになっており、二階に廊下はありません。このホールの広さは6帖あり、いろいろな目的でこのスペースを利用できています。

メインの使用方法はキッズスペースです。この二階のホールリビングの一部を吹き抜けにした部分に面して設けられています。子ども達がここを遊ぶスペースとして利用していてもこの吹き抜けを通して子ども達の気配を感じることができます。仲良く遊んでいる様子もケンカをしている様子も一階に伝わってくるため、一緒の空間にいなくても子どもの様子が把握できるのです。またここにおもちゃを並べてことで、一階のリビングにおもちゃが散らかりにくくなって快適性も高まっています。

ここにはカウンターを設けているので将来的にはスタディコーナーとして利用させたいと思っています。ここには天井から吊るすタイプの室内干しも完備しております。ここに設けた理由は、室内干しの使用頻度が低いため、住宅内の空いている空間を有効利用させるためです。そしてここは吹き抜けに面しているので一階で冷暖房を使用する際はその風で衣類をしっかりと乾かすことができるからです。多目的に使用できるこのような空間があると便利さが増します。

快適な暮らしを送るために

Posted by 草野重美 | Posted in 住宅 | Posted on 06-05-2016-05-2008

0

マイホームは一番くつろぎ安らげる場所でなくては意味がありません。そこで我が家は自然素材と暮らす木の家にしました。床材、建具、柱、階段にいたるまで地元の杉をふんだんに使用しました。一番こだわったのは床です。浮づくりの床にしました。これは柔らかい部分を磨きながら削ぎ落として木目を浮き上がらせ、見た目にも美しく、肌触りがいいのです。年輪を凹凸で立体的にして足裏を刺激し、子どもの偏平足防止や滑り止めにもなってくれます。足裏のマッサージ効果も得られ快適性も高まります。

あえて塗装をせずに木の香りが漂う室内にしました。自然と隣り合わせの暮らしを送っているかのような気持ちにもさせてくれるのです。地元の木材をふんだんに利用したことで、木材利用ポイントの補助金もありお得に家造りが進められるのも大きな魅力です。

そして壁には琉球漆喰を採用しました。健康・安全そして安定性にこだわることで室内の快適性をより高めることができるのです。夏は湿気を吸収してくれ、冬は水分を供給して湿度調整を行ってくれるのです。梅雨時期など外がジメジメしている時でも室内に一歩足を踏み入れるとカラッと心地よい空間が広がり、冬は女性の天敵である乾燥からお肌を守ってくれるのです。それだけでなく室内の嫌なニオイを吸着してくれる効果があったり、人体に悪影響を与えると言われているホルムアルデヒドを吸着してくれる働きがあります。家族の健康を保つためにもこのような素材は積極的に取り入れたいものです。またこの漆喰は日本の家屋には適した壁材と言われています。室内の快適性を得るには素材にこだわってみましょう。

玄関ドア

Posted by 草野重美 | Posted in 住宅 | Posted on 16-03-2016-05-2008

0

玄関ドアは、住宅の外観に一番影響を与えるドアです。高いデザイン性が求められると同時に、家族が毎日行き来を行う場所なだけにスムーズに出入りができるドアであることが求められると思います。そこで我が家が取り入れたのが、簡易タッチキーシステムです。これは、玄関の専用リモコンキーをカバンやポケットに入れておけば、玄関ドアに取り付けられたタッチボタンを押すだけで、ドアにかけられた2つのロックが解錠されます。ドアが閉まると自動施錠されるので鍵の閉め忘れを防ぐこともできるのです。

このような機能がある玄関ドアにしたことで、便利さを感じる瞬間が多いです。我が家には小さい子どもが二人います。買い物から帰宅すると子どもを抱えて、両手には荷物を抱え、その状況で玄関キーを探すのは大変です。しかしこの玄関ドアにしたことで、このような状況でもバックから玄関キーを探す手間を省くことができますし、両手に荷物を抱えていても簡単に室内へ入れるスムーズさは非常に便利です。そして鍵の閉め忘れを気にすることも多いですが、自動施錠してくれるので、もしかして?と不安に思うことも少なくなることでしょう。またこの専用リモコンキーは少し離れたところから操作できるというのも便利です。玄関ドアはこのように行き来のスムーズさを確保しておきましょう。

また玄関内に明るさや風通しをよくするために、採光や採風可能なデザインの玄関ドアを選ぶことで、玄関内の印象が大きく変わってきます。玄関ドアはデザイン性と同時に機能性にも目を向けて快適な玄関を保てるようにしましょう。

素材にこだわった家

Posted by 草野重美 | Posted in 住宅 | Posted on 10-02-2016-05-2008

0

夢のマイホームは素材にこだわりました。無垢材や漆喰を取り入れ合板フローリングやクロスに比べ割高な素材を取り入れたのですが、自然素材で暮らす家は快適性が高く、何よりも住宅への愛着が高まりました。

床は肌が直接触れる部分です。合板フローリングでは得られない肌触りを無垢材の床は与えてくれます。合板フローリングは、夏はペタッと張り付いた感触ですし、冬は冷たくて裸足で歩くことができません。それに比べ無垢材の床は、夏はサラサラした肌触りですし、冬はほのかに温かみを感じられることで裸足で過ごしたくなるほどです。
また木の本来の木目の美しさを見て楽しむことができます。合板フローリングだと床についた傷が気になりますが、無垢材の床であればキズが目立ちにくく、キズも味わい深さへと変わっていくのも大きな魅力です。

そして漆喰は調湿効果に優れています。室内の水分が多いと吸収してくれ、逆に乾燥していると水分を放出してくれます。一年を通して室内の環境を快適に導いてくれるので非常に過ごしやすい家になっています。また漆喰には人体に悪影響を与えるといわれているホルムアルデヒドを吸着してくれる働きがあります。

家族の健康を維持できる家になるのです。また室内の嫌なニオイも吸着してくれるので、トイレに取り入れたり、ペットのいる家庭などニオイが気になる場合には漆喰は非常に有効的なのです。このように自然素材にこだわったことで素材の魅力を実感し、今まで味わったことのない快適な暮らしを送ることができています。家造りは素材にこだわってみるのもいいのではないでしょうか。

リビング階段

Posted by 草野重美 | Posted in 住宅 | Posted on 07-01-2016-05-2008

0

最近住宅で多く取り入れられているリビング階段。私の周りの新築住宅を建てた友人もリビング階段を取り入れている人も多いです。我が家もこのリビング階段を取り入れました。リビング階段の最大の魅力は、家族のコミュニケーションを大事にできる家になることです。子どもが小さい間はいつも家族が同じ時間を過ごしていますが、子どもが成長するにつれて親と過ごす時間よりも、友達と過ごす時間や一人で過ごす時間が増えていきます。

リビング階段でなく、玄関近くに階段が設けられていれば、帰宅して直接二階の自分の部屋へ行くことができます。親が知らない間に外出しているということもあるかもしれません。子どもがいつ帰宅していつ外出したのか分からないという状況は避けたいものです。リビング階段であれば、家族のいるリビングを必ず通らなければ二階の部屋には行けません。このようにすることで、家族がリビングで顔を合わせる機会が自然と生まれるのです。

コミュニケーションも生まれやすくなりますし、顔を合わせることで互いの変化にも気づいてあげられやすくなるのです。しかしリビング階段に抵抗を感じる人が気にしていることは、冷暖房効率や二階からの冷気の流れ込みです。リビング階段を取り入れた人の中には、階段入り口にロールスクリーンを設けて対応している人もいます。これは住宅や熱の出入り口となる窓の断熱性が大きく関わってきます。これらの断熱性が低いと冷暖房効率や冷気の流れ込みを感じるのです。しかし断熱性が高いとこれらが全く気にならずリビング階段の魅力だけを感じられる家になるのです。リビング階段にする際は住宅と窓の断熱性をしっかりと確認しましょう。

家族の繋がりを感じられる家

Posted by 草野重美 | Posted in 住宅 | Posted on 16-12-2015-05-2008

0

我が家の夢のマイホームがついに完成しました。その住宅は家族の繋がりを感じられる工夫を取り入れました。まず最近よく取り入れられているリビング階段です。我が家もこのリビング階段を取り入れました。リビング階段は、家族が自然とリビングで顔を合わせる機会を作りだせるので、コミュニケーションが生まれやすく、親は子どもの変化に気づいてあげられやすくなるのです。

リビング階段でなければ、子どもが思春期頃を迎えると、二階の自分の部屋へ直接行き来ができることから、子どもがいつ帰宅していつ外出したのか分からないという状況に陥ることもあるのです。またリビング階段は子どもの犯罪率を下げているというデータもあるほどです。家族関係の良好さを保つためにはコミュニケーションの取りやすい環境を整えておくべきなのです。

そしてリビングの一部を吹き抜けにしました。吹き抜けにすることで一階と二階の存在がより身近に感じられるのです。吹き抜けに面して階段を上がった先のホール部分に多目的に使用できる空間を設けました。現在は子どもの遊ぶスペースとして利用しています。4歳と2歳の子ども達だけでこの空間で遊んでいても、吹き抜けを通して声をかければ一階と二階で会話がしやすくなりますし、互いの気配を感じられるため安心感が得られます。

このホール部分は多目的に使用できるため、家族で寝る前の時間ここで過ごすこともできます。一階だけでなく二階でも家族で集えるスペースがあることで家族の繋がりをより大切にできるのです。家族みんなにとって住みやすい家になっているのです。