賃貸住宅の保証人

Posted by 草野重美 | Posted in 未分類 | Posted on 04-12-2010-05-2008

0

最近、部屋を借りるときには「保証人」が要らなくなっています。

なぜかと言うと「保証会社」というものが保証人に代わって保証をしてくれるようになったからです。

家賃の20%~35%(物件や借りる人の信用情報によって変わってきます)を保証料として支払うと、もしもの時には借主に代わって保証会社が家賃を支払ってくれます。

今までのように部屋を借りるときに両親や知り合いなどに頭を下げなくてもよくなったわけです。

大分で中古マンションを借りた友人も便利になったと喜んでいました。

でも、仮に保証会社が家賃を支払ってくれたとしても、その分の家賃は払わなくてよくなるわけではありません。きちんと支払わなくてはなりません。

しかし、ほとんどの人がこの保証会社を使うことはないので普通に暮らしていれば何も心配することはありません。

しかし、滞納をした場合には、保証会社からの取立てが来ます。

保証料を支払っているから、立て替えてもらっても大丈夫と言うわけではないのです。

保証会社は借主の変わりに家賃の支払いをしますが、それは「払ってあげた」のではなく「立て替えてあげた」だけなので、お返しするのは当然と言うことになります。

悪意を持って家賃の滞納をする人はいないと思いたいのですが、中にはなかなか支払わない人もいるようです。

幸い、うちで扱っている賃貸物件の借主さんは滞納などなく、普通に賃貸生活を送っています。

過去に一度だけ事故になったことはありますが、きちんと分割で支払ってもらい、完済してもらいました。

家賃は3ヶ月も滞納してしまうと大変な額になります。

払えないと思ったら早めに相談してくださいね。

桃栗三年柿八年

Posted by 草野重美 | Posted in 未分類 | Posted on 03-11-2010-05-2008

0

桃と栗は実がなるまでに三年かかる。

柿にあっては八年かかるというもののたとえ。

私の実家には桃の木も柿の木もあるけれど、毎年実をつけるのは柿だけです。

桃の実もなるけれど、食べられるほどの実ではないんですよね。

石の上にも三年。

三年間辛抱すれば何かを得ることができるというたとえ。

どちらも気の長い話ですね。

今、住宅ローンの金利がとても低くなっています。

日銀はゼロ金利政策を続行中です。

こんなときは長期固定の住宅ローンで借入をすることをおススメします。

中古住宅でも、新築の注文住宅でも、リフォームでも、金利の安い今はお金の借り時です。

いまだ~!とばかりに、住宅の着工件数は増えています。

でもこんな時代は長く続きません。

マイホームを建てたいという希望のある方はこの機会に行動を起こすことをお勧めします。

私の友人が勤めている、とある住宅会社はもうこれから半年先まで予定がいっぱい詰まっているそうです。

この超低金利時代にマイホームを手に入れようと動いている人がたくさんいるということです。

金利は下がるときにはじわじわと、上がるときには急激に上がるという性質を持っています。

桃や柿のように、実がなるのを石の上に座って待っているようでは、いい時期を逃してしまいます。

今、まさに、マイホームの夢を手に入れたいと思っている人は、行動に移したほうがいいと思います。

そのために私のこの日記が役に立ったらいいなと思います。

友達が熊本で住宅を建てようとしています。

そして私もマイホームに夢をはせる一人として、スピードアップを図りたいと思います。

注文住宅を建てるなら

Posted by 草野重美 | Posted in 未分類 | Posted on 24-10-2010-05-2008

0

注文住宅を建てるときに一番気になるのが建ててくれる住宅会社ですね。

大手から近所の大工さんまでいろいろな選択肢があると思います。

多くの人がまず住宅展示場を見に行きますね。

その時に注意して欲しいこと。

どこの住宅会社もモデルハウスにはゼイタクの限りを尽くしています。

建物も大きく、使っている材料も標準よりもいいものだったり、インテリアにも凝っていて見るからに「わ~、すてきぃ~」に仕上がっています。

そんな家を見て夢を膨らませて現実に戻ると悲しい思いをすることもあります。

私の友達も埼玉で注文住宅を建てようと考えていた時にモデルハウスを見て夢を膨らませ過ぎて後々苦労したという話を聞いています。

モデルハウスの中でも特に住宅展示場は各社が競い合うところなので豪華に作ってみる人の目を惹くようにしています。

それを知っていて見に行くのと知らないで見に行くのとではかなり印象が違うと思うのでちょっと心に留めて置いてください。

住宅会社によって、構造が違います。

木造の建物もあれば鉄骨や軽量鉄骨といったものもあるし木造の軸組み工法もあればパネル工法もあるし。

違いがどうこうよりはどういう家に住みたいかで変わってくるとは思うのですが、坪単価も変わってくるので比較検討を十分にしてから決めましょう。

大分で注文住宅を建てるなら、モデルハウスめぐりもいいですが、最近新築したお友達の家を見せてもらって意見を聞くのもいいかもしれません。

そういう本物の声は一番役に立ちます。

誰もが自分の家を自慢したいと思っています。

ですが、仲のよい人ならば失敗したところも教えてくれると思うのです。

そういう人の意見、貴重ですよ!

建売住宅を買う場合

Posted by 草野重美 | Posted in 未分類 | Posted on 09-09-2010-05-2008

0

建売住宅、土地もついていて、新築の家がついていて、金額が安い場合がほとんどです。

それには理由があります。材料のコストを下げています。

サイディング(外壁材)や床材、断熱材など、一概には言えませんが、少々ワケアリのものを使う場合もあるようです。

そして、仕様も違います。

注文住宅なら幅が2m50cmのキッチンが建売住宅だったら1m80cmだったりします。

ですが、これも、考えようで多くの建売住宅はとてもコンパクトにきれいにまとめて建てていると思います。

それに今の住まいと比べて住み心地がよかったらそれは成功なのだと思うし。

建売住宅の魅力は金額だとすればそれはどこでコストダウンをしているのかを考えて、それが納得できるのかどうかにかかっているのではないかと思います。

そして、建売住宅のポイントはもう建っているので日当たりなどの条件をそのままにチェックすることができるということになります。

風の吹き方とか光の入り方とか。

近所の人はどんな人とか。

そのあたりのポイントをクリアして気に入ったならばお買い得になります。

そうして気に入った家にすむことができたら幸せですよね。

どんな家にしても夢のマイホームです。

大分で注文住宅を新築するのと大分で建売住宅を購入するのと、住む人が気に入って、幸せに暮らすことができれば同じことではないでしょうか。

新潟で注文住宅を建てようか、建売住宅を購入しようか友人も迷っている状況です。

いくらの家に住むかを競うのもいいかもしれませんがそれよりも自分流の住まいを見つけてはいかがでしょうか?

土地から家を建てる場合

Posted by 草野重美 | Posted in 未分類 | Posted on 07-08-2010-05-2008

0

土地がある場合にはその土地にどんな家を建てるのかとか、予算はどのくらいで考えるのかなどが問題になるかと思います。

工務店の集客チラシも気になるところでしょう。

でも、希望に近い家が建てられると思ったら恵まれていますよね。

土地からの注文住宅ならば、土地代金によって建物にかけることのできるお金がだいぶ変わってくると思います。

でも、やはり、希望に近いマイホームを手に入れることができるでしょう。

土地を探すときに問題になるのが向きとか、立地条件とか。

注意して欲しいのは地目が田や畑になっている農地が売られている場合です。

農地は農地法という法律に守られていて、家を建てるための宅地に変更するならば、農地転用という手続きが必要になります。

これは農業委員会で審議されて、許可が下りなければ宅地に変更することができず、建物を建てることができません。

この農業委員会は月に一度しか開催されなかったりもするので、時間もかかりますし、そのための費用も必要です。

元が田や畑だったので地盤がゆるい場合もあります。地盤改良ということになるとそれにも費用が必要です。

坪単価が安いからといって、農地を購入するとかえってお金がかかることになるかもしれないので注意してくださいね。

ですが、こういった手続きなどは不動産屋でアドバイスがもらえるので、是非、そんなことも相談してみてください。

私の友人も大分の土地を買って農地転用しましたが、アドバイスをもらったので思っていたよりもお金がかからなかったそうです。

餅は餅屋といいますが土地は土地屋。

不動産屋です。

それで商売しています。

土地について心配なことや、わからないことがあったらいつでも聞いてくださいね。

中古物件、築15年以上の話

Posted by 草野重美 | Posted in 未分類 | Posted on 05-07-2010-05-2008

0

新築の家を建てても、15年くらいたつと、リフォームをしたくなります。

20年くらいたつと、リフォームも大規模なもの、たとえば床の張替えとかが希望になってきます。

そして、そのためにかかるお金を考えていたら、建て替え?なんてことばが出てくるようになります。

建て替えをするときに、新たに土地を購入して2世帯住宅にしたり、息子さんや娘さんと同居するからということで遠くへ行ってしまう、そんな場合によく15年以上の中古住宅が出てきます。

このくらいの築年数だと購入するときにリフォームをしたいと思う方が多いです。

リフォームをして好みの色や形のキッチンやお風呂を入れて・・・。

入居の前に自分色に染め替えるのも楽しみの一つかもしれませんね。

大分で中古の一戸建てを考えるときに、住みたい場所に住めるという利点があるかもしれません。

注文住宅を建てようと一生懸命土地を探していた人がなかなか見つからず、希望の土地に建つ中古住宅を見つけて購入し、リフォームするなどして満足のいくマイホームをゲットしたなんて人もいます。

そして、リフォームならば工期が短いので入居までの日数を短縮することができます。

やっぱり新築の家がいいという方でも、リフォームをして売り出し中の中古住宅を見ると「これでもいいかも」なんて話になったりします。

「中古なんて」と決め付けるのでなく、やわらかい考えをもって、いろいろな物件を見てみることをお勧めします!

マンションのメリット

Posted by 草野重美 | Posted in 未分類 | Posted on 22-06-2010-05-2008

0

戸建て人口の多い大分県でマンションに住みたいと思っている人、案外多いです。

そしてこれには住む人の好みがあると思います。

駅から近いという利点や、繁華街に近いという利点など、大きな集合住宅だからこその利点が多くあると思います。

内部がフラットでいい、という話も聞きます。

別府などの温泉地に行くとリゾートマンションでなくても共同の温泉があって、入居者はいつでも入れるなんて設備のあるところもあります。

最近では大分市内にも温泉付マンションが出てきたとか。

温泉は各戸に引き込むと手入れが大変といいますが、共同の温泉ならば管理もきちんとしてもらえていつでも温泉に入れるわけなので嬉しい話です。

住まい方としては、鍵ひとつで出かけられるというのは手軽でいいという人もいます。

防犯の面ではオートロックなどで安心な面もありますが、鍵がないと建物内に入れないという安心ともしもその合間をくぐって全くの部外者が建物内に侵入してきた場合、安心がそうでなくなる場合もあります。

建物の中にいる人はみんな住民だと錯覚してしまうんですね。

そんな安心感の中に泥棒がまぎれていたとしたら・・・。

案外カンタンに室内へ侵入できるかもしれません。

オートロックのマンションでも、油断は禁物というわけです。

私は花が好きなので、マンションだとプランターでしか育てられないなあとか考えてしまいますが、高層階の海の見えるマンションなんてあこがれます。

また中古マンションなどを購入して自分の思い通りにリフォームすると言うのも最近の流行のようです。

いつか、セカンドハウスに欲しいですね~。

中古住宅、築浅の秘密

Posted by 草野重美 | Posted in 未分類 | Posted on 13-05-2010-05-2008

0

マイホームといえば一戸建てでしょう。

という方、多いかもしれません。

私の住む大分県ではやはりマンションよりも一戸建てのほうが人気のようです。

大分県は首都圏と違って土地の値段も安いし、まだまだ開発できる土地も残っているし。

そんな背景もあって、私の会社に来る人は土地を探している人や中古の一戸建て、もしくは建売住宅を見に来る人が多いです。

今回は中古物件を紹介します。

中古の物件って築浅とか、新築未入居とか、土地の古屋付とかいろいろあります。

築浅の物件についてはなぜ手放さなければならなかったのかを追求し始めるとあまり手が出なくなるかもしれません。

夢を持って手に入れたマイホームを入居して数年の内に手放すという事情。

どんなことが考えられますか?転勤?それもあるかもしれません。

でも多くの場合は住宅ローンを支払うことができなくなって、売らなければならなくなった、という事情になるかと思います。

家族の夢のマイホームだったのに、住宅ローンの組み方を間違ったり、無理なローンを組んでしまったがためにこういった悲しい結果になる人は近年特に少なくありません。

家を建てるときにはまず資金計画が大切。

無理をしても後で大変な思いをするだけです。

小さくても想いの詰まった家を建てることはできるし、建て時は今ではないかもしれません。

マイホームの取得は時期を見ることも大切なのだと思います。

どんなマイホームであれ、高額な買い物なので慎重に・・・ね。

マイホーム、どんな形を選びますか

Posted by 草野重美 | Posted in 未分類 | Posted on 12-04-2010-05-2008

0

マイホームが欲しいといってもいろいろな形がありますね。

新築マンション、中古マンション、新築の建売住宅、中古の一戸建て、土地所有の新築注文住宅、土地ナシの新築注文住宅・・・。

どんな形のマイホームを希望していますか?

その希望に合わせて提案することができるので近くの不動産屋に聞いてみるといいと思います。

なぜ不動産屋なのか。

それは、ネットワークが強いからです。

住宅会社は建物しか扱いません。

それに対して不動産屋なら中古のマンション、中古の一戸建て、新築の建売住宅、場合によっては新築のマンションも紹介することができます。

土地から新築の注文住宅を建てる場合は、土地を探しに不動産屋へ行けば、建物を建てる住宅会社を紹介してくれることもあるかもしれません。

中には住宅会社がやっている不動産部門とかその逆で不動産屋がやっている住宅部門とかもあるのでそういう意味では不動産屋はオールマイティーに動くことのできるところかもしれませんね。

余談ですが、不動産屋の「大分県知事(2)00000号」っていう免許番号を見ると、この不動産屋はどのくらいの期間営業をしているのかがわかります。

カッコの中が免許の更新回数。

一回が5年なので1ならば5年以内の新しい事務所、2なら5年から10年の実績をもつ事務所ということがわかります。

古ければいいというものではありませんが、この業界、入れ替わりが激しいのでひとつの指標にはなるかもしれません。

ためしに注意してみてみてください!

不動産屋の収入源

Posted by 草野重美 | Posted in 未分類 | Posted on 15-03-2010-05-2008

0

皆さんの中で不動産屋の仕事はどんな風に見えていますか?

主な仕事は土地や建物の売買と仲介業務。

賃貸の仲介業務等もありますが、今回は省略します。

売買というのは自社が売主買主の当事者になって、建物や土地の売買をすることです。

いわゆる自社物件というやつですね。

そのほかに売主さんがいて、買主さんがいて、その仲を取り持つ仲介の仕事もあります。

そして、不動産屋は仲介手数料が収入の多くを占めています。

そしてその報酬として400万円以上の物件ならば3%+6万円の仲介手数料を受け取ることができます。

ただ、この報酬額は「上限」ということになっているのでそれ以上にもらうことはできないけれどそれ以下ならいくらでもいいということになっています。

が、しかし、通例として大体皆さん3%+6万円を支払うようです。

だって、不動産屋に「仲介手数料は36万円です」っていわれたら払っちゃいますよ。

そこで値切ろうとかあんまり思わない人が普通。

だけど、1000万円の土地を売ったら手数料は36万円。

2000万円の土地を売ったら72万円。

手間は同じなのに物件の値段によってこんなに差が出ます。

ということは金額の高い物件を売ったほうが儲けも多いということです。

でも世の中そんなにうまくは行かないもの。

たとえ500万円の物件でも、同じ手間をかけて、きちんと仕事をしますよ。

その辺は任せてください。プロですから。

あっ!大事なことを書くのを忘れていました。

仲介手数料には消費税が5%かかります。

不動産の売買にはそういった費用も必要になります。

覚えておいてくださいね。