トイレ収納にニッチ

Posted by 草野重美 | Posted in 住宅 | Posted on 29-01-2015-05-2008

0

ニッチは飾り棚として用いられることが多いです。
ニッチは壁の厚みを利用して空間に出っ張りを与えることなく、飾り棚にして空間のアクセントになります。
このニッチを収納スペースとして取り入れる人も多いです。

私はこのニッチをトイレに設けようと思っています。トイレは広さに限りがある空間です。
広さに限りのあるトイレにこの壁の厚みを利用したニッチ収納を設けることでスッキリと、しかし収納力に不満を感じることない収納スペースを得ることができるのです。
このニッチにはトイレットペーパーやサニタリー用品、トイレ掃除用具まで収納しておきたいと考えています。
出っ張りのない収納スペースはトイレなどの広さに限りのある空間では大変有効的な収納スペースと言えるでしょう。
トイレ内で収納しておきたい物は生活感に溢れるので隠して収納しておきたいのでこのニッチの前に扉を付け中に収納している物を見えないようにしておくのです。
そうすることで見た目にもすっきりとした印象のトイレに仕上げることができるのです。

私の親戚宅にはリビングと玄関の壁にこのニッチを設けていました。
どちらも飾り棚として活用していましたが、どちらも空間のアクセントとなっており大変素敵な空間に見えました。
また友人宅には二階のホールの壁一面に本棚としてニッチを設けていました。
子どもの絵本をスッキリと収納しており、ニッチが本棚として活用できることを知りました。
壁の厚みを上手に利用して空間に圧迫感を与えることのなく収納スペースを手に入れることのできるニッチは我が家には積極的に取り入れたいと考えています。