ニッチ

Posted by 草野重美 | Posted in 住宅 | Posted on 21-03-2015-05-2008

0

ニッチとは壁の凹みのことです。
壁面を半円や方形にくり抜き、中に物を飾れるようにしたり、ちょっとした小物を収納するスペースとして活用させることができるのです。
ニッチは壁の厚みを利用するので空間を有効活用させることができるのです。
狭い空間に飾り棚を取り付けても、空間に圧迫感を与えごちゃごちゃした印象を与えてしまいます。

しかし壁の厚みを利用したニッチは狭い空間でも圧迫感を与えることなく、空間のアクセントとなる飾り棚を得ることができるのです。
廊下や階段途中など広さに限りのある空間でもニッチを取り入れ、飾り棚を設けることで邪魔にならず雰囲気を一変させることができるのです。

私の親戚宅には玄関ホールにこのニッチを設けていました。
玄関入って真正面の壁にニッチを設けることで玄関のアクセントになっており、華やかな玄関に仕上げていました。
またリビングにはリモコンニッチを設けていました。
インターホンモニターや給湯器のモニターなど壁に取り付けるスタイルが主流ですが、ニッチを設けてそれらを設置することでスッキリとして見えます。
またこれらのモニターは生活感を感じるアイテムでもあるので親戚宅のリモコンニッチにはオシャレな木の扉を設けて、普段は隠せるようにしていました。
デザイン性を重視するのであればこのように扉を設けてモニターがあると感じさせないニッチも素敵だなと思いました。

我が家も新築住宅を建てています。
柱の関係でニッチを設けることができる部分とできない部分があると言います。
建築途中でニッチを設けることができる部分を確認し積極的に取り入れたいなと思っています。