収納が充実した家

Posted by 草野重美 | Posted in 住宅 | Posted on 20-08-2015-05-2008

0

住宅への不満の大部分は収納と言われています。家造りをする際にはこの収納への対策をしっかりと行う人が多いです。ただし、収納スペースをただ確保するだけでは意味がないのです。適材適所に必要なものをきちんと片づけられる収納スペースが必要です。また物の出し入れのしやすさも重要です。収納を充実させることで満足度の高い家を実現できるのです。

そこで我が家の新築住宅では、身支度がスムーズにできるウォークスルークローゼットを一階に設けました。特に朝は家族みんなが身支度をするのでバタバタします。時間のない朝に余裕を持たせる意味でもこのクローゼットがあると便利です。
ウォークスルークローゼットは玄関と和室の間に設けました。リビングに繋がった和室は着替えをするのに最適の空間です。その和室と玄関を繋ぐかたちで設けられたこのクローゼットは家族の衣類を一か所で管理できます。
着替えをしてその場でサッと上着を取り出し、玄関へ直行できる動線を確保したので、外出がスムーズに行えるのです。また帰宅時も玄関を入り、このクローゼットに上着を片付けられれば、リビングに脱ぎっぱなしの上着が散らかることもなくなります。帰宅すると部屋着に着替えると思います。そのまま部屋着を取り出し、その先の和室で着替えれば後はリビングでくつろぐだけです。

ウォークスルー型のクローゼットはどこにどの服があるか一目で分かり、サッと取り出せるのも魅力の一つです。そして動線に配慮したことでより便利で使い勝手のいい収納スペースにすることができるのです。