家族の繋がりを感じられる家

Posted by 草野重美 | Posted in 住宅 | Posted on 16-12-2015-05-2008

0

我が家の夢のマイホームがついに完成しました。その住宅は家族の繋がりを感じられる工夫を取り入れました。まず最近よく取り入れられているリビング階段です。我が家もこのリビング階段を取り入れました。リビング階段は、家族が自然とリビングで顔を合わせる機会を作りだせるので、コミュニケーションが生まれやすく、親は子どもの変化に気づいてあげられやすくなるのです。

リビング階段でなければ、子どもが思春期頃を迎えると、二階の自分の部屋へ直接行き来ができることから、子どもがいつ帰宅していつ外出したのか分からないという状況に陥ることもあるのです。またリビング階段は子どもの犯罪率を下げているというデータもあるほどです。家族関係の良好さを保つためにはコミュニケーションの取りやすい環境を整えておくべきなのです。

そしてリビングの一部を吹き抜けにしました。吹き抜けにすることで一階と二階の存在がより身近に感じられるのです。吹き抜けに面して階段を上がった先のホール部分に多目的に使用できる空間を設けました。現在は子どもの遊ぶスペースとして利用しています。4歳と2歳の子ども達だけでこの空間で遊んでいても、吹き抜けを通して声をかければ一階と二階で会話がしやすくなりますし、互いの気配を感じられるため安心感が得られます。

このホール部分は多目的に使用できるため、家族で寝る前の時間ここで過ごすこともできます。一階だけでなく二階でも家族で集えるスペースがあることで家族の繋がりをより大切にできるのです。家族みんなにとって住みやすい家になっているのです。