子供部屋の年齢別収納アイディア

Posted by 草野重美 | Posted in 住宅 | Posted on 11-10-2017-05-2008

0

★小学校まで
子供部屋の収納は、あまり細かく作らない方がいいかもしれません。大きくなって何に興味を示し、どんな物を持つかは、想像できませんから。
家の間取りを考えるとき、ほとんどの家庭では子供の人数分部屋を設けます。小学校入学と同時に子ども部屋を与える家庭もあれば、小学校の間はリビングで勉強させ、子ども部屋は子どもの物の一時置き場か、家族の物の仮置き場所となっている家庭もあり、使い方は様々です。荷物の仮置き場所として使用していると、子ども部屋として使用する時に、置いてある物の行き場所がなくなるので注意が必要です。

★中学校以降
一人に一部屋の子ども部屋を与えるようになります。学校で使用する物以外に、本、雑誌、漫画、習い事の物、趣味の物、クラブ活動の物などの他、服にも興味を示す年齢なので、洋服やバッグ、帽子なども増えてきます。

体型も大人並みになるので、洋服も大人と同じくらいのサイズになり、物もどんどん増えてきます。シーズンオフの掛布団や小さい頃からの作品などもあり、子ども部屋のクローゼットに収めることを考えると、あまり小さすぎると入りません。幅180cm、奥行き60cm、高さ240cmくらいの収納があるといいですね。

★家具のレイアウトも考える
子ども部屋に置く物は、勉強机、本棚、ベッド、タンスやハンガーラックなどです。限られた空間ですから、レイアウトの工夫が大切です。
子供が小さいうちは、大人になるまでに、どのくらい物が増えるか想像できませんが、こんなに物が増えると思わなかったと言う人がほとんどです。想像しているより増えると思って、はじめから計画しておくといいですね。