親孝行、涼夏リフォーム!

Posted by 草野重美 | Posted in 住宅 | Posted on 20-04-2013-05-2008

0

  天井を見つめながら考えているAさん「どうしたら一泡吹かせられるかなぁ?」

何時も使いっ走りをさせられ文句でも言おうものなら大変なのです、もうけちょんけちょんに叩きのめされてしまうのです、えっ!誰にやられるか、ですか!勿論奥さんです。

「んんっ?そうだ!」なにやら思いついたようでおもちゃ屋に出かけたAさんです・・・おもちゃ屋って、どうするのですかAさん?

さてAさんが考えております、春がやってまいりましたが早めに対策を考えておかなければならない事があるのです。

というのは暑さ対策なのですがAさんのお父さんに涼しい夏を過ごさせてあげたいそうでここ数年の猛暑を思うとただ涼しくというのではなく健康保持のためにもやらなければならないそうなのです。さて簡単に涼しくするのはエアコンで話しは済んでしまいそうですがお父さんは大のエアコン嫌いなものですから一工夫必要なようです。

さて「親孝行、涼夏リフォーム!」案は、まず居間に外に出られる大きな引き戸があり、これはサッシですがここに陽が当たってとても熱い訳なのです。

そこで陽が当たらないようにヒサシを作ってもらいます、建替え前の家の頃ヒサシがあったのですがビニールみたいな材質のものが貼ってあり風が吹くとゆらゆらしていたのを思い出しましたがこれがなかなか涼しげなのです。

今回のヒサシは布っぽい材質のものを貼ってもらいやはり風が吹くとゆらゆら揺れるように作ってもらいます。

次に屋根裏の断熱材の確認をしてもらいます、まさか入ってないという事はないと思いますが増量して敷いてもらいます。

さてお父さんは居間か自室で過ごしている訳ですから自室も考えなければいけませんが現在は換気扇をつけております。

しかしこの換気扇がひどくうるさくて回しっ放しで寝る事が出来ません。

また西陽が当たるのでこれもなんとかしなければなりません。

換気扇はとってしまい換気の出来る埋め込み式のファン、それも静かなものを取り付けてもらいます、そして西陽対策はブラインドカーテンを取り付けて様子をみる事にしますがこれはAさんが自分で取り付け出来そうです。

さて最後は大きな引き戸がありますがここはあまり西陽はあたりませんが大きなヨシズでなんとかしようと考えております、以上で大分のリフォーム屋さんに注文する暑さ対策リフォーム案でした。

さて奥さんのところへやって来たAさん「いい物あげるから目つぶって手を後ろにまわしてみて!」奥さんしぶしぶそうすると ガシャッ、ガシャッ!なんと手首足首におもちゃの手錠をかけたではありませんか、そして「手も足も出ねえだろぅ!ウィーヒッヒッ!」

なんと奥さんのホッペをつねって揺すっているではありませんか「そ~ら、そ~ら ヒッヒッ!」

おっと奥さんの顔が真っ赤だぁ「フォーーッ!」ガシャン!なんと鎖を引きちぎってしまったではないかぁ、そしていきなり飛びつくとバックドロップだぁ!グシャッ、ふらふらのAさん、おっと窓に向けて背負い投げだぁ、危ない!ガシャーン!「アーッ!」 グシャッ!「ギィエーッ!」・・・完全に切れてしまったようですが死ななきゃ良いですがねぇAさん!

さて皆さん、お年寄りでエアコン嫌いの人は多いように思うのですが熱さ対策はなかなか難しいようです!

リフォーム費用の違い

Posted by 草野重美 | Posted in 住宅 | Posted on 25-12-2011-05-2008

0

住宅も古くなってきてそろそろリフォームをしたほうがいいかな?外の騒音が気になるので防音性の高い内窓のインプラスをつけようかな?と思って、リフォーム業者に連絡したりするかもしれません。

そのときに複数のリフォーム業者に見積もりを頼んだけど、その見積もりの金額が全く違っていてどれがいいのかわからないということになってしまう可能性があります。

そうなってしまうのは、リフォーム業者でどのように施工するのか、どのような材料を使うのかといったことが違うためです。

そのため単純に安いというだけでリフォーム業者を選んでしまうことのないようにしてください。

どのような工事をして、材料はこうで、経費がこれぐらいかかるのでといったようにしっかりとわかるように説明してくれるリフォーム業者に頼むことが重要になってきます。

安い業者に頼んだことで、想像していたリフォームに全くならないということもよくあります。

安い金額なのは、それなりの理由があると考えるようにした方がいいでしょう。

わからない部分を明確にしようとすることが大切なのです。

リフォーム業者には職人の腕の違いもあるので、金額が高いのは職人の技術が高いからかもしれません。

他にもどれだけ丁寧に工事をするのかによっても、金額が変わってくるのです。

リフォームをするときには、信頼することのできるリフォーム業者なのかを確かめるようにしましょう。

高ければいいリフォーム工事をしてもらえるのかというとそういうわけでもないので、信頼することができるかという判断が大事になってきます。

中古物件、築15年以上の話

Posted by 草野重美 | Posted in 未分類 | Posted on 05-07-2010-05-2008

0

新築の家を建てても、15年くらいたつと、リフォームをしたくなります。

20年くらいたつと、リフォームも大規模なもの、たとえば床の張替えとかが希望になってきます。

そして、そのためにかかるお金を考えていたら、建て替え?なんてことばが出てくるようになります。

建て替えをするときに、新たに土地を購入して2世帯住宅にしたり、息子さんや娘さんと同居するからということで遠くへ行ってしまう、そんな場合によく15年以上の中古住宅が出てきます。

このくらいの築年数だと購入するときにリフォームをしたいと思う方が多いです。

リフォームをして好みの色や形のキッチンやお風呂を入れて・・・。

入居の前に自分色に染め替えるのも楽しみの一つかもしれませんね。

大分で中古の一戸建てを考えるときに、住みたい場所に住めるという利点があるかもしれません。

注文住宅を建てようと一生懸命土地を探していた人がなかなか見つからず、希望の土地に建つ中古住宅を見つけて購入し、リフォームするなどして満足のいくマイホームをゲットしたなんて人もいます。

そして、リフォームならば工期が短いので入居までの日数を短縮することができます。

やっぱり新築の家がいいという方でも、リフォームをして売り出し中の中古住宅を見ると「これでもいいかも」なんて話になったりします。

「中古なんて」と決め付けるのでなく、やわらかい考えをもって、いろいろな物件を見てみることをお勧めします!